影絵の世界

アルバイトの帰り道、恵比寿で待ち合わせ。
東京都写真美術館でやっている映画『ロッテライニガーの世界』を観て来た。

ロッテライニガーというのは、1899年ベルリン生まれの女性で、
影絵アニメの代名詞のような人、らしい。
私の中で影絵といえば、子どもの頃から『暮らしの手帖』で慣れ親しんできた
藤城清治さんのそれ。けれど、藤城さん曰く
「ぼくが昔、暮らしの手帳に影絵の連載をはじめたのも、編集長の花森安治さんが、ライニガーの影絵映画がすごく好きで、君なら、きっと出来るからやろうといったのがきっかけだった。」

80年以上前につくられたアニメたちは、今観ても全然古くなくて
表情がないのに感情が伝わってくるし、セリフがなくても話がわかる。すごい。
黒色の影のバックにひかれた色たちもあざやかでとてもきれい。
よいものを観た。
[PR]
by kashiwabaram | 2005-12-08 01:42 | 映画


<< 行方不明の切手見つかる 優しいプリン >>