カテゴリ:乙女学校( 12 )

まとめて乙女の集い

1月の乙女学校は、イラストレーターの木下綾乃さんがゲスト講師でした。
木下さんのトークイベントは何度か参加したことがありますが
お見かけするたびに若返っているような。年上とは思えない肌の透明感が素敵です。

机の上は、木下さんの仕事場を再現してもらいました。
e0093509_2315979.jpg

木下さんといえば、「手紙」について。
思い出の手紙についてや手軽につくられる封筒などの工夫について教えてもらいました。
手紙ってやっぱりいいなあと思います。

本日、2月の乙女学校は曽我部恵一さんがゲスト。
ギター持参で「東京」に始まりなんと5曲も演奏して下さって贅沢な時間でした。
お茶の時間は、コーヒーとシュークリームと「女たち」。
e0093509_2381862.jpg

演奏曲は、
・東京
・女たち
・あじさい
・コーヒーと恋愛
・月光荘
CDで聴くのともライブで聴くのともまた違った良さがあり音楽っていいなあと思います。

手紙っていいなあ。音楽っていいなあ。いいなあいいなあと、私ってとても単純です。

一番印象に残ったのは・・・

永井荷風や江戸川乱歩が歩いていた街はロマンチックで好きだけれど
今の街のロマンチックなあり方を見いだしていかないといけなくて
例えば携帯ショップでのロマンスを考えてそういうものが出てくる
ロマンチックな街の歌をつくりたい

というお話です。
レトロな物やら絵や建物が好きで、そういうものがあって今があるし
そういうものもなくしたくないし大切にしたいけれど懐古趣味にはなりたくなくて
そこからどうやったら新しいものがつくられるんだろうと
ちょうどもんもんとしていたのでなんだかハッとさせられました。
実践していくのはなかなか難しいですが。

あと、あきらめたらそこで終わりということ。
あたり前でありきたりの言葉ですがときどき忘れそうになるので
今日またその言葉が聞けてよかったです。

またまた遡って2月はじめの(東京にとっては)大雪の日。
e0093509_3115829.jpg

乙女学校の沼田先生が引っ越しをされる際に不要となる品々で
恒例のフリーマーケットが行われました。
e0093509_314212.jpg

場所はもちろん沼田先生の引っ越し直前のご自宅。
前回のフリーマーケットにも参加させてもらったのですが
よく毎度こんな素敵なマンションを見つけられるなあと思います。
もちろんお金もあってこそですが、その目利き具合がさすがです。
ロビーにはこんなシャンデリアも。
e0093509_3211390.jpg


フリマは洋服から食器類からこけしやルネパンダなどの人形系からボタンや布やら
文房具類やらやら。
会場の熱気に気圧された私は、かなり出遅れてしまいましたが
折りたたみ傘と古い包装紙を購入しました。

大学生のときに友だちとフリマに出店して、
必要以上に値切り倒してくる人にむかっ腹が立ちもう出すものかと思っていましたが
あたたかくなったら久々にそういうこともやってみたくなりました。
誰か行動力のある人が率先して誘ってくれないものか・・・

e0093509_3301246.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2008-02-18 03:36 | 乙女学校

おむすびとUFO

11月はじめの日曜日はいいお天気でした。

昼間は家から電車で2駅のところにある大きな公園へおむすびを持っておでかけ。
先日鳴子で買った水筒を早く使いたかったのです。
e0093509_13571970.jpg

おむすびを食べたりお菓子を食べたりキャッチボールをしたりまたおむすびを食べたり
(食べてばっかり)未確認飛行物体を追いかけたりして過ごしました。

夜は乙女美学校。
今回のゲストは、佐藤初女さんでした。
私は、初女さんのことを今回の講座で初めて知りました。

初女さんは青森県にお住まいで、岩木山の麓に「森のイスキア」という施設を建て、
日本中から相談にやってくる人々を心尽くしの手料理でもてなされているそうです。
「食べることはいのちの移しかえ」と国内外で「おむすび講習会」や講演活動も
続けていらっしゃるとか。

そんな初女さんが、私たちのためにおむすびを握って下さいました。
「お米も生きているのだからその一粒一粒が呼吸できるようにつくるのよ」と。
e0093509_1423572.jpg

e0093509_14241592.jpg

中には梅干しが。とっても美味しかったです。

昼間も公園でおむすびをたくさん食べていたので、この日はおむすびDAYでした。
出来映えは全然違いますが・・・。

敗戦後は外食がはやったのだけれど、初女さんの旦那さまは初女さんを全然外食に
連れて行って下さらなかったそうです。それを不満に思ってらしたそうなのですが、
後々旦那さまから「どこに行ってもお前の料理ほど美味しくない」とのお言葉が!
素晴らしい。私が一生言われないであろう台詞です。

あらためて、食べ物の大切さを考えさせられた講座でした。

e0093509_14353430.jpg

e0093509_1436079.jpg

e0093509_14361977.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-11-07 14:40 | 乙女学校

真夜中のパーティ

今回の乙女美学校のゲストは田村セツコさんでした。

私は田村さんの絵が大大大っ好きで、乙女2年生に進級することを決めたのも
田村さんの名前がゲスト欄にあったからでした。

なので、とても興奮し挙動不審に。
すべての言葉を聞き漏らすまいとしていたのですが興奮しすぎて頭に入らなかった・・・
燃え尽きました。

でも田村さんは想像通りのとってもかわゆい方でした。
好き好き大好き。

e0093509_3182253.jpg

e0093509_31838100.jpg


私が田村さんを好きになったきっかけは小学生の頃から愛読している
「おちゃめなふたご」シリーズの挿絵です。
e0093509_3404615.jpg

これは、寄宿学校で繰り広げられる少女達の物語なのですが
その中でよく少女達が真夜中のパーティなるものを催す場面が登場します。
先生に内緒で、誰かの誕生日だとかにこっそり食べ物を持ち寄って
音楽室だとかプールサイドだとかで行われるのですが、
それがとんでもなく楽しそうで羨ましかったのです。

それとはまた違うけれど、
先日ご近所に住む友だち夫婦と我がマンションの屋上で夜のピクニックを決行し
とても楽しかったです。
明かりは懐中電灯と月で、他の住人の騒音になってはいけないので静かに。
お料理やら飲み物やらを持ち寄って真夜中のパーティ。わくわくしました。

ちなみに屋上からは天気がよい日と富士山が見えます!(自慢)
e0093509_3435673.jpg

e0093509_343252.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-10-13 03:46 | 乙女学校

乙女の盆栽

日曜日は乙女美学校でした。
今回のゲストは、盆栽家の加藤文子さん。
私は恥ずかしながら、今回の講座で初めて加藤さんのことを知りました。

「盆栽」と聞いてぱっと思いつくイメージは松という発想力貧困な私だったのですが
加藤さんのお話を聞いて、またその作品を目にして、
盆栽への見方が全然違うものになりました。

加藤さんはご実家が盆栽園だそうですが、伝統的な盆栽の美意識に共感できず
独立して従来の盆栽とはまったく違った自分らしい盆栽を始めたとのこと。
それは、ワイヤーで造形することもなく、植物の意志に任せ
無理な組み合わせの寄せ植えもせず、自然に育ってゆく時間を共生する盆栽だそうです。
e0093509_22442314.jpg

下の盆栽は、元々育てていたおとぎり草の鉢にハッカやらが自然に共生を始めたとか。
e0093509_22451878.jpg

盆栽って人工的なイメージだったけれど、こういうのもありなんだと目から鱗です。

そして一番興味深かったのは、盆栽村のお話。
現在の埼玉県大宮市盆栽町(という地名も初めて知りましたが)は、
大正12年から13年にかけて東京から盆栽好きの人が集まって
盆栽村のコミューンをつくったことが始まりなのだそうです。
そのコミューン発起人の一人が加藤さんのおじいさまなのです。

その盆栽村には、
・盆栽は10鉢以上育てていること
・家同士の仕切りは垣根であること
・2階建はダメ
・鍵をかけてはいけない
・けんかを3回注意されると村を追い出される
などなどの決まりがあったんだとか。なんだかとても楽しそう。

単純な感想だけれど、好きなことをして生きているっていいなと思いました。
しなくてはいけないことをせずに好きなことだけするとかではもちろんなくて、
もっと根本的なところで。私もそうありたいと思いました。

ちなみに今日のお茶とお菓子。カモミールティとレンコン餅。
e0093509_23403037.jpg


日曜日はとても風が強かったです。
e0093509_23414267.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-09-18 23:44 | 乙女学校

ロシア旅行記(2)

ロシア3日目
この日はまず、切手やコインやバッチやアンティーク雑貨の
「コレクターズ・マニアクラブ」を訪問。
かわいい切手やバッチがいっぱいで、日本の切手市と同じ雰囲気。

次に、少年少女だけで運営する「子供鉄道」の乗車体験。
小4〜高校卒業するまでの間で5年勤めると付属の大学に無料で進学できるそう。
e0093509_2235248.jpg

美少年を取り囲み写真を撮る乙女&沼おじさん。
少年の目にはどう映っているんだろう。
e0093509_2253710.jpg


お昼はダーチャ(別荘)訪問。ロシアではみんなダーチャを持っているんだとか。
グループに分かれてお昼ご飯をごちそうに。
家から小物からいちいちかわいい。ご飯も絶品。
e0093509_2324533.jpg
e0093509_2325672.jpg
e0093509_2332924.jpg
e0093509_2334658.jpg

e0093509_250523.jpg


それからまたまたお買い物。民芸品店やデパートやら。
本当は郵便局も行けるはずだったのだけれど、閉まっていて残念だった。
e0093509_2555068.jpg
e0093509_2561214.jpg


夜はロシア料理のお店で最後の夜のパーティ。
e0093509_2534331.jpg

サモワールというロシアの湯沸し器を使ってロシアンティーもいただきました。
e0093509_314162.jpg

カップの中にこやけちゃんが!
e0093509_33875.jpg


4日目
幼稚園を訪問。
園児たちのお遊戯を見せてもらってから園内を見学させてもらった。
子ども達の愛らしさにくらくら。
e0093509_384029.jpg
e0093509_38517.jpg
e0093509_39161.jpg


ロシア文字のスタンプを申し込み、ウズベキスタン料理を食べて空港へ。

現地のガイドさんと涙(泣きまね)の別れ。
とってもかわいくて美しくて聡明な彼女にまた会うことはあるのかな。会いたいな。

ロシア!ロシア!ということで、
今更ながらに武田百合子さんの「犬が星見た ロシア旅行」を読み始めました。

e0093509_3391242.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-09-02 03:43 | 乙女学校

ロシア旅行記(1)

ロシアへ行って来ました!!
3泊4日と短い旅でしたがとっても楽しかったです。

私が参加したのは「沼田元氣さんと行く ロシアのかわいい発見の旅」というツアー。
沼田さんは、私が現在通っている乙女美学校の講師でもあります。

1日目
各地から総勢およそ40名の女子(数名の男子含む)が新潟空港に集合。
そこから飛行機で2時間かけてハバロフスクへ!近い。
e0093509_23134911.jpg


日本との時差は2時間で、ハバロフスクに到着したのは現地時間で21時30分頃。
パスポートを確認してもらうのにものすごく時間がかかった。
しかもかなり大きい蚊がブンブン飛び交っていて被害者続出。
でもまあ私は全然さされなかったのでいいんだけど・・・。

1日目は移動の日で終了。
唯一のロシアらしいことは、夜食にと配給されたピロシキとロシアンティー。
e0093509_23433149.jpg


2日目
この日はなんと沼田さんの誕生日ということで、朝っぱらからケーキが振る舞われた。

ロシア人のウエイトレスさんに「コーヒー?ウーロン茶?」と聞かれ
紅茶が飲みたかったけれど思わず「ウーロン茶」と答える。
友人は「Tea」と言うも通じない。
でも結局出て来たのはウーロン茶ではなく紅茶だった。なんだ。
ロシアでは英語が全然通じなくてびっくりした。
「How much?」なんてのも通じない。
まあ、私は英語が全然できないからむしろいいのだけれど。

今回の旅でロシア語に初めて接したけれど
私にとっては今まで一度も使ったことがない単語の連続で
まるで呪文を唱えているよう。
おもしろい。

2日目は濃密なスケジュール。

ハバロフスクで一番古いパン工場を見学。工場内にはネコがいました。
e0093509_031674.jpg


お菓子屋さんや市場でお買い物。
日本とさほど離れていない街のためか市場に並ぶ野菜や果物は見慣れた物が多い。
形が微妙に違うくらい。
e0093509_0162220.jpg

e0093509_0163676.jpg


そして、第二次世界大戦(通訳さんは大祖国戦争と言った)のときに
軍人さんだった方々もしくはその伴侶が住む「ベテラン会館」を訪問。
グループに別れておじいちゃんやおばあちゃんとの交流会。
お昼ご飯をごちそうになった。
e0093509_021155.jpg


みんながおばあちゃんにプレゼント。
e0093509_02216100.jpg


それからまたお買い物。布屋、文具屋、食器屋、おもちゃ屋をはしご。
e0093509_0235369.jpg

e0093509_024865.jpg


ケチな私は思ったほど買い物できず。
でもかわいい物を買い漁る乙女達を見ていると
「何か買わなきゃ」という妙なあせりが出てきて、
布屋では「え?本当にかわいい?」という微妙な布を3Mほど購入・・・。
かわいい布も買えたのだけれど。
後悔する私を見かねた友人が自分の布を半分切って交換してくれました。
ありがとう。まだ言ってるし、私。買い物上手になりたいものです。

ロシアに来たらチェブラーシかのグッズが欲しかったのだけれど、
「ロシアではチェブラーしかはそこまで人気ないです」というガイドさんのお言葉。
ロシアでのチェブは日本でのドラえもんって聞いてたのに・・・。
観光地に行けばもっとグッズはあるとのことだけれど。
おもちゃ屋でようやくチェブラーシかのCDを発見。
e0093509_0513227.jpg


夜はロシア田舎料理のレストランでお食事。
そんなこんなで2日目終了。
(つづく)
e0093509_0522066.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-09-01 01:00 | 乙女学校

鬼子母神と音楽家

日曜の昼間は、家から自転車で15分くらいのところにある鬼子母神に行って来た。
e0093509_0135726.jpg


樹齢600年以上の銀杏の木がある。
e0093509_0153721.jpg

写真ではわかりづらいけれど、とても太くてとても大きい。
e0093509_0163293.jpg
e0093509_0171528.jpg

枝がつららみたいになっている。
e0093509_0175625.jpg


甲斐みのりさんの本にも載っていた、境内にある駄菓子屋さん。
東京で一番古く歴史ある駄菓子屋さんだそう。おばあちゃんは3代目。
あとで池袋のジュンク堂に行ったら、この駄菓子屋さんを紹介した本や
おばあちゃんと猫のポストカードがいっぱい売られていて驚いた。
本の中にはおばあちゃんがまだ娘時代の写真もあってなんだか得した気分だった。
e0093509_020977.jpg


夜は乙女美学校。
ゲストは音楽家で文筆家で大学講師もされているという菊地成孔さん。

音楽のことはよくわからないし難しい単語は理解できなかったけれど、
お話はとても興味深くおもしろかった。
あと、妹の旦那さんに顔がそっくりで勝手に親近感を抱く。

最終的に菊地さんから乙女へのメッセージは、
「(実は)踊りが踊れるという風であってほしい。好きな踊りを見つけるといい」

本日のお菓子。ようじの入った折り紙でできたお洋服と傘は、
沼おじのお母さんが折られたそう。着物バージョンもあってかわいかった。
e0093509_0371945.jpg

e0093509_0373122.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-08-14 00:42 | 乙女学校

海は広いな大きいな

週末、土曜は横須賀にある谷内六郎館へ。
谷内六郎さんは、『週刊新潮』の表紙絵をずっと描いていた画家さん。
その総数は1336号にのぼるそう。すごい。

横須賀はとてもとても遠かったけれど、
今までの展示では見たことがなかった表紙絵の原画も見られて大満足。
心の底から六郎さんの絵が大好きだ。

久々に広ーい海が見られたのも嬉しかった。あとでっかい船も。
e0093509_3553651.jpg
e0093509_3554442.jpg


日曜は乙女学校2年生の2回目。
ゲストは、ラジオのDJやテレビのナレーターでも活躍している秀島史香さん。
いつもラジオで聞いているときはもちろん声だけなのでお姿を拝見しつつ声を聞くのは
なんだか不思議な気分だった。
声もお姿もとってもキュートで、沼おじ先生の微妙な質問にもさらりと答える秀島さん。
さすがです。
ちなみに乙女学校は18時半スタート。
e0093509_492010.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-05-15 04:11 | 乙女学校

終わりと始まりと

イラスト&マンガ展が無事に終了しました。
わざわざ足を運んで下さったみなさま、来れなくても気にかけて下さったみなさま
ちらっとでも思い出して下さったみなさま、スプートニクカフェのまゆみさん
本当にありがとうございました。

今回の展示も勉強になることがてんこ盛りでした。
私は今までかなりずぼらだったのですが今後は、
人に対してもなににも過ぎるほどマメであろうと思います。
過ぎたら注意して下さい。
そしてもちろん、それを相手には求めないでいようと思いますが。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
e0093509_030228.jpg
e0093509_0304673.jpg

******************************

日曜日、乙女2年生の初日。(進級したのです!)
ゲストは内藤ルネさんでした。
沼田先生があんなにタジタジになっている姿は初めて見るという程
終始ルネさん節炸裂のお話で本当に楽しかったです。
ルネさんが今好きなのは「タッキー&翼」の今井翼くんのほうだそう。
「ジャニーさんは、今井くんをどうしたいの!?」
(あんましテレビの露出がないから)とご立腹でした。
ちなみに翼くんの前は妻夫木くんがお好きだったそうです。

「石も貝殻も宝石と同じように扱える」というルネさんはとても素敵です。

あと、「仮装パーティを若いときにやって下さい!(楽しいから)」
というお話も印象的でした。やる機会・・・ないなあ。
e0093509_0313998.jpg
e0093509_0325310.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-05-02 00:35 | 乙女学校

乙女と古本

日曜日、沼おじさんの乙女講座へ。
今回は「古本講座」ということで、COWBOOKSの松浦弥太郎さんがゲスト。

なんと沼おじさんから乙女達全員に古本のプレゼントも。

「選書(他人が選んだ本)を通して、新たなる価値の扉を開くのと同時に、
普段絶対に選ばない(出会わなかった)だろうという本に出会って下さい」
とのこと。

次の乙女講座は「朗読会」で、今回頂いた本の感想文(宿題)を読むらしい。
e0093509_1214368.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-08-24 12:02 | 乙女学校