<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こけしなカセット

先日、乙女美学校のスタッフでもある
「じゅんじゅん」を囲む会が催されたので参加させてもらった。

雨の日の神保町をみんな(といっても5人)で古本屋めぐり。
こけしの話に花を咲かせた。

「伝統こけし」もいいけれど、私は「商業こけし(お土産こけし)」がもっと好き。
特に昭和30年代頃から多くつくられた、ファンシーこけしに胸がときめく。

こけしを集めだし、家がますます「おばあちゃんの家」化している…。

写真上・中は、こけしのオルゴール箱。開けると中はなぜかバレリーナ。
「禁じられたあそび」のメロディにのせてくるくるまわる。

写真下は、大阪の雑貨屋さんで買い求めたこけしちゃん達。
みかんこけしや、頭に大根のせたおこじょなこけしや、子守りこけしやら。

e0093509_215065.jpg

e0093509_2152712.jpg

e0093509_2155553.jpg

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

話はまったく違うけれど、大阪の実家で昔の写真などを漁っていたら
中学高校の演劇部時代に録音していたテープを見つけた。
恥ずかしい。恥ずかしい。恥ずかしすぎる。
e0093509_2162410.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-11-15 02:22 | 戯言

宝塚歌劇

大阪に帰省した際、7、8年ぶりに宝塚歌劇を観てきた。

宙組公演の『維新回天・竜馬伝!』
久しぶりだと、誰がだれかまったくわからなくてみんな同じ顔に見える。

舞台はとても華やかで、
いろいろとつっこみどころはあるもののとても楽しかった。

幕が上がる前の客席のざわざわした感じや
オーケストラのチューニングの音も好き。

e0093509_1291589.jpg
e0093509_1292747.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-11-14 01:29 | おでかけ

Beth 占いイラスト

11月8日に発売された『Beth』(講談社)創刊号の
占いページのイラストを
担当させて頂くことになりました。

女の子のための漫画×カルチャー誌の『ベス』。
(キレイ系オタク向け雑誌とのこと)

作家陣がとても豪華、

〈漫画〉
青木光恵、伊野ナユタ、いまいかおる、岩岡ヒサエ、小川彌生、木原敏江
久世番子、ケイケイ、辛酸なめ子、谷川史子、ひうらさとる、細川貂々、松田奈緒子
円山あれん、めるへんめーかー、望月玲子、ヤマザキマリ

〈小説・コラム〉
大平健、Jack2号、曽我部恵一、津原泰水、野中モモ、林雄司、ブルボン小林
渡辺僚一

特に特に、小学生の頃から大好きな谷川史子さんと
同じ雑誌に載せてもらえたということがとても嬉しいです。
小さな占いイラストだけれど、一生懸命描きました。


e0093509_3413315.jpg
e0093509_3414372.jpg
e0093509_3422331.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-11-11 03:42 | 仕事

野比のび太

同居人のコンポが壊れた。

早速、修理の人に来てもらうことになって
(同居人は夜遅くまで仕事なので)私が対応。

とても愉快なおじさんで
なかなかに楽しかったけれど、
修理が終わってもあれやこれやのお話が終わらず
つくりかけのラーメンがのびきった。

のびたラーメン、嫌いじゃないけどね。
e0093509_18171892.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-11-02 18:17 | 戯言

すてきなあなたに

青山ブックセンターで行われた、
平澤まりこさんと松浦弥太郎さんのトークショーに
乙女の友だちと行ってきた。

これは、
『すてきなあなたに おしゃれ編 秋冬』(暮しの手帖社)の
刊行を記念して行われたもの。
松浦さんは、『暮しの手帖』の新編集長。
平澤さんは、上記の本のイラストを手がけられている。

会場には、今までの『すてきなあなたに』で使用された原画もずらり。
平澤さんのイラストは、すっきり洒落ててすてきです。

お二人のトークは、本にちなんで「おしゃれ」についての話題が軸。

松浦さんは、もうずっと洋服を買わずに季節を過ごされていて、
(「もう各季節用の洋服は持っているから買わなくても大丈夫」)
本屋さんをやっているのに本もほとんど持っていないらしい。
(「本屋や図書館に行けば読めるでしょ」)

「シンプルに、できるだけものをもたない。ものがないと工夫するでしょ」

かっこいいです。
「松浦さん、そんだけものも買わずに生活してたらお金かなり貯まってるやろうね」
と、あとで会話し合う私たちは下世話すぎる…

春夏のおしゃれは「清潔な素肌」
秋冬のおしゃれは「(寒くても)胸をはって歩く」

「おしゃれの秘訣は 笑顔でいることです」

がんばります。
e0093509_17371637.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2006-11-01 17:36 | 展覧会