<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おうちで1010気分

東京都の銭湯では隔月でフリーペーパーが配布されています。
その名も、銭湯から発信するホットな生活情報誌「1010」。
e0093509_112749.jpg


毎回、都内のいろんな銭湯がそこのご主人の写真ともども紹介されていたり
銭湯でできる水中運動の特集や銭湯好きの人のインタビューや
博物館・美術館情報まであってなかなかに楽しいフリーペーパーなのです。

その中で目について離れなかった広告がこれ!
「公衆浴場背景画ポスターでおうちのお風呂が銭湯に変身!?」
e0093509_143993.jpg

その広告によると、
「銭湯ファンの声に答えるべく、背景画を手軽に自宅で再現できるポスターが発売となりました。その名も公衆浴場背景画。このポスターの背面を水に濡らすだけで、お風呂の壁に繰り返し貼ることができます。」

ええ!?素敵!!銭湯ファンってほどでもないけどぜひ欲しい!
この絵は、30年間に9000点もの背景画を描かれた
佐怒賀次男さんという方の手によるものです。
ラインナップは全10点で、価格は1点、3700円(税込)+送料。

ということで、貧乏なくせに迷わず購入。
私が選んだのは「芦ノ湖」
e0093509_1321035.jpg


他にも、上で紹介した「山中湖」や
「紀ノ松島」
e0093509_1451442.jpg

「軍艦島」
e0093509_147847.jpg

「琵琶湖」
e0093509_1475347.jpg

などなど、どれも素敵なものばかり。

いつか全部買えるといいな、と思います。

もしも興味がある方は、東京都浴場組合のホームページ
http://www.1010.or.jp/main/index.shtmlをご覧下さい。

貼ってみるとわりと小さ目でした。
e0093509_151028.jpg

e0093509_1511517.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-11-09 01:53 | 戯言

おむすびとUFO

11月はじめの日曜日はいいお天気でした。

昼間は家から電車で2駅のところにある大きな公園へおむすびを持っておでかけ。
先日鳴子で買った水筒を早く使いたかったのです。
e0093509_13571970.jpg

おむすびを食べたりお菓子を食べたりキャッチボールをしたりまたおむすびを食べたり
(食べてばっかり)未確認飛行物体を追いかけたりして過ごしました。

夜は乙女美学校。
今回のゲストは、佐藤初女さんでした。
私は、初女さんのことを今回の講座で初めて知りました。

初女さんは青森県にお住まいで、岩木山の麓に「森のイスキア」という施設を建て、
日本中から相談にやってくる人々を心尽くしの手料理でもてなされているそうです。
「食べることはいのちの移しかえ」と国内外で「おむすび講習会」や講演活動も
続けていらっしゃるとか。

そんな初女さんが、私たちのためにおむすびを握って下さいました。
「お米も生きているのだからその一粒一粒が呼吸できるようにつくるのよ」と。
e0093509_1423572.jpg

e0093509_14241592.jpg

中には梅干しが。とっても美味しかったです。

昼間も公園でおむすびをたくさん食べていたので、この日はおむすびDAYでした。
出来映えは全然違いますが・・・。

敗戦後は外食がはやったのだけれど、初女さんの旦那さまは初女さんを全然外食に
連れて行って下さらなかったそうです。それを不満に思ってらしたそうなのですが、
後々旦那さまから「どこに行ってもお前の料理ほど美味しくない」とのお言葉が!
素晴らしい。私が一生言われないであろう台詞です。

あらためて、食べ物の大切さを考えさせられた講座でした。

e0093509_14353430.jpg

e0093509_1436079.jpg

e0093509_14361977.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-11-07 14:40 | 乙女学校

もみじ市とふろく展

10月終わりの日曜、狛江の泉龍寺で行われた「もみじ市」へ出かけました。
「もみじ市」はものづくり市で、春には「花市」が行われました。
e0093509_1824626.jpg

私はとんと無知なのですが、有名な食べ物屋さんがずらりと並んでいたようです。
クウネルや天然生活に載っていそうな食べ物たち。
普段は縁がないのでこの機会にぜひ食べようと思ったのですが、
あまりの行列の長さに恐れをなし
比較的空いていた(それでも行列)ホットドックを食べるにとどまりました。
美味しかったです。
e0093509_18242952.jpg


この市に来たいちばんの目的は、ハープの先生であるtico moonの演奏を聴くこと。
e0093509_18313818.jpg

花市のときは桜の舞い散る中で、今回は落ち葉の中での演奏でした。
すごく気持ちよくて、ああ今は秋だなあとあたり前のことを実感しました。
先生の演奏を聴いていると自分もすごく簡単にハープが弾けそうな気になりますが
実際はなかなかうまくいきません。今、力の抜き加減に四苦八苦しています。

また別の日、弥生美術館で行われている「ふろくのミリョク☆展」へ。
『少年倶楽部』から『りぼん』までのふろくで、とってもおもしろい展示でした。
e0093509_0345784.jpg

特に昭和7、8年あたりの少年誌がすごくて、
「軍艦 三笠」「エンバイア・ビルディング」「ガスマスク」「鎧甲」「人造人間」など
とんでもなく複雑なつくり方の紙の模型がふろくになっていました。
私だったら絶対つくれない。

当時の雑誌は非常に高価(当時の映画代と同じ金額)で、
毎月買ってもらえる人は限られていたそうです。

あと、昭和36年『ぼくら』の、帽子やお面で変装できるようになっている
「ルパンセット」もおもしろかったです。

あとあと、少女誌のふろくもかわいすぎました。
中原淳一さんや内藤ルネさんや田村セツコさんや陸奥A子さんやら
いくら見ていても飽きないふろくの数々に心が「うー!」となりました。
私が小学生の頃の『りぼん』や『なかよし』のふろくも展示されていて、
さくらももこさんや柊あおいさんや池野恋さんや小田空さんや水沢めぐみさんや
秋元奈美さんや猫部ねこさんや・・・
自分が持っていたふろくも展示品に値するということに驚きました。
月日が経つのは早いです。

e0093509_19112962.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-11-05 19:15 | 展覧会

鳴子のこけし

先日、山形で親戚の結婚式があったついでに鳴子へ足を運んできました。
e0093509_30661.jpg


7月にあった乙女美学校の修学旅行の行き先が鳴子だったのですが
そのときは参加できなかったので、念願叶ってやっとの鳴子への旅でした。

前情報はあったものの、実際目にする町を埋め尽くすこけしの数々に興奮。
e0093509_303511.jpg

e0093509_31546.jpg


日本こけし館ではこけしの絵付けに挑戦しました。
e0093509_313018.jpg

どきどき。
説明を聞いている最中にこけしを倒してしまい早速頭部を汚してしまった・・・
e0093509_325871.jpg

塗りつぶしてごまかしなんとか完成。
e0093509_332773.jpg

私は絵を描くときに余白を恐れて描きすぎてしまう傾向にあるのですが
その欠点がこけしにも出てしまいました・・・体の柄、描き過ぎたー。
自分のセンスの無さに落ち込みつつ。
他のこけし達に紛らせてみました。
e0093509_34090.jpg


日本こけし館から歩いて鳴子峡へ。
紅葉が始まっていてとてもきれいでした。
e0093509_342885.jpg

e0093509_3436100.jpg


あと、時が止まったような金物屋さんで昭和時代の鍋と水筒を買いました。
意図してレトロなお店で買ったら高そうな商品達がほこりまみれになって
ずらりと並んでいました。
お店のおばちゃんに「水筒いくらですか?」と聞くと
「古いものだけどタイガーだからねー。うーん。おおまけして千…千五百…二千円だね」
ということで二千円払ったのですが、
家に帰ってほこりまみれの値札をふくとそこには「1800円」と・・・
いいんですけど。
e0093509_351143.jpg

[PR]
by kashiwabaram | 2007-11-01 11:22 | おでかけ